アミノ酸比較!馬プラセンタは豚プラセンタの何倍?

プラセンタの成分にアミノ酸があります。
その量は多ければ多いほど良いです。
プラセンタは胎盤のことを言いますが、実際は胎盤のエキスを加工して使用します。ですから、その胎盤の含まれるアミノ酸を凝縮することで、より良いプラセンタに仕上がるということになります。
ちなみに馬プラセンタのアミノ酸の量は豚の約300倍と言われています。
同じ量のプラセンタの場合、アミノ酸は必然的に変わってくる事になります。
馬プラセンタには、豚プラセンタには存在しない6種類の必須アミノ酸が含まれています。
胎盤の質も違っていて、馬の胎盤は人間に近い臓器です。
ですから、馬と豚のアミノ酸対決をした場合は、圧倒的な馬の勝利になります。
それだけでも価格も違ってきますし、肌や体のとっての効果も変わってくることは当たり前のことです。
それをよく表す口コミの内容では、馬プラセンタを使用した方が、すぐに効果を実感することができたという言葉です。
ところで、アミノ酸は肌にとっては、とても大切なものです。
大切どころかこれがなくては肌ができないと言っても過言ではありません。
なぜなら、有名な美容成分、コラーゲン、グリシン、グルタミン酸など、肌そのものを構成しているものすべてがアミノ酸なのです。
プラセンタを飲むと肌が変わるというのは、肌そのものになるものだからです。
肌を構成するためのアミノ酸の分子はとても小さく、つけた瞬間細胞にアプローチを始めます。
その時にプラセンタ特有の成長因子を送り込む事によって、新しい細胞が活動を始め、新陳代謝をします。
この活動にもすべてアミノ酸の存在が不可欠です。